ニューヨーク NY 〜冬の旅

冬のアメリカ出張、最初の都市はNY。10年前に住んでいた街。着陸した瞬間、空港から移動中の外の景色から、アメリカに来たんだなあ〜と懐かしいようなワクワクするような。

f:id:pinacola:20180117130954j:image

f:id:pinacola:20180117131148j:image

ロンドンに住んで約2年の今、ニューヨークに来て感じたこと。

・とにかく空が、外が明るい!到着した昨日は太陽が輝き、目に痛いほどでした。青い空は広々と明るく照らされ、ほぼ0度の寒さも気持ち的にはどこへやら。ロンドンの希少な晴れの日の儚げな陽射しと比べると、違うなあ。明るい冬!そういえばロンドンは、昨日は1月の第3月曜日、「一年で一番憂鬱な日」通称Blue Mondayでした。

・外は氷点下になるほど寒いけれど、駅も空港もオフィスもホテルも、どこもかしこも室内は温度が保たれポカポカと暖かく感じる。ロンドンは駅などの公共の場も、スーパーも、ランチを買う店やレストランも、空調は低めで寒め。自分の家はセントラルヒーティングで暖めれば快適ですが、外に出る時はすごく着込む。これは古い建物を生かすロンドン一般の断熱性能の問題でしょうか…

・皆がアメリカ人であるというオーラが出ており、一律な空気感がある。白人、黒人、メキシカンの方々の坩堝ではあるけれど、共有している価値観や文化は"America"というアイデンティティなのでしょう。対してロンドンは世界の多くの地域、国から移民が多数住み、特段の共有する価値観は作らないでいるのでは?

・今朝見たテレビのCMは、懐かしいアメリカのほのぼの感を醸し出していました。NBCの朝のニュース番組Todayショーは、だいぶ構成変わってましたが、お天気のおじさんは一緒でした!あとは昨日食べたラーメンは、塩味のさっぱりで美味しかったなあ。海外で人気なのは豚骨ですものね〜。

ホテル近くのグランドセントラル駅、エンパイアステートビルに、クライスラービルも見えました。大都会だけど、ほっとするところもある街なのでした。

f:id:pinacola:20180117131625j:image

f:id:pinacola:20180117131314j:image

f:id:pinacola:20180117131357j:image

f:id:pinacola:20180117131422j:image

f:id:pinacola:20180117131445j:image

 

女子会 at ロンドン・イタリアン

女子会したいですね!という話から始まって、職場の女性7人で昨夜、素敵なイタリアンで新年会を開催しました。

f:id:pinacola:20180114014640j:image

お店はトッテナムコートロード駅から少し歩き、小さな小道を入ったところにあるFitzroviaのイタリアンレストランIn Parma。パルマの生ハムやチーズ、パスタ、デザートまで、最高に美味しかった〜!ずっと美味しいね、美味しいね、と言いっぱなし。赤ワインに少し泡が入ったlambruscoも口当たりよくお料理にぴったり。こちらのお店は小さめカフェオレのボールで飲むのが定番だそうです。

f:id:pinacola:20180114014703j:image

 f:id:pinacola:20180114014738j:image

7人は今ロンドンで同じ会社で働いているわけですが、日本人であることは共通として、その他年齢、どういうことで英国に住むことになったのか、等それぞれの環境や生い立ち(?)はいろいろです。中でも私がロンドン暮らしは一番短く、皆さん15年だとかここに住み、外国人のご主人やご家族と一緒に生き生きと過ごしていらっしゃるのは、すごいことだなあ、と心から感じるのでした。

自ら海外に住むことを決め、異なる文化と折り合いをつけたり馴染んだりしつつ、自然体で今日々を生きている日本人の女性の皆さんは、知恵も心もパワーもバイタリティーにも溢れている方々だと思います。素敵な皆さんだなあと思うのでした。

日本にいても、あたかも海外で異なる生活や文化、慣習からの刺激や驚きに触れて生活しているかのように、ワクワク、ドキドキできたら、多くの人にとってもっと人生面白く、世界が広がるのかもしれませんね〜。

f:id:pinacola:20180114014811j:image

f:id:pinacola:20180114014823j:image

f:id:pinacola:20180114014721j:image

2018年 新しい年

年末年始は日本で過ごしました。凝縮された時間の中で、大切な家族や親戚、友人や会社の先輩や仲間と会ってたくさん話し、とても思い出深く、心躍るひと時でした。

今年大事にしたいこと。

「自分が既に持っているものを生かして自分らしく生きる」

「言葉を大切に」

「基本と本質から逃げない」

「時間をかけて気持ちを育てていく」

ここのところ、自分に欠けていること、足りないことが目について、時々後ろ向きになってしまいそうでした。気づいたのですが、私は私で既にいろいろな良いものを持っている。それを生かして行こう!と思います。好きなこと、幸せを感じる時間をしっかり感じて、できることを周囲に少しずつでもしていく。努力と謙虚な気持ちも。

日本での楽しかった時間の思い出を胸に、ロンドンへ戻ります。

f:id:pinacola:20180104021351j:image

f:id:pinacola:20180104021418j:image

f:id:pinacola:20180104021432j:image

f:id:pinacola:20180104021746j:image

f:id:pinacola:20180104021322j:image

f:id:pinacola:20180104021807j:image

f:id:pinacola:20180104021824j:image

f:id:pinacola:20180104021843j:image

f:id:pinacola:20180104021910j:image

f:id:pinacola:20180104021931j:image

f:id:pinacola:20180104021952j:image

ロッシーニ歌劇「セミラーミデ」~ロイヤル・オペラ

ロイヤルオペラでの上演は100年以上ぶりとなる作品。ロッシーニの長編オペラセリア。細かい音符を転がすように歌うダジリタの技法が全ての役柄で多用され(というか、ずっとそういう風に歌うべく作曲されている)、歌手にとってはたいへんな安定感とテクニックが求められて、とても難易度が高いなあ、と思います。ワグナー歌手並みの実力がないと(スタミナと技術)いけないんじゃないか…この作品が歌える歌手は多くはないように思います。

しかし今回のプロダクションは、素晴らしかったです!さすがロイヤルオペラは、満を持して最高の歌手たちを揃えていました。

主役セミラーミデを歌ったのはジョイス・ディドナート。私は初めて聴きましたが、すごいなあと思いました。本当に深いふくよかなしっかりした声で、細かい音を完璧に転がしたうえに、高音は叫ぶようなパワーで突き抜けるゾクゾクする声。例えばサザーランドのセミラーミデであったら、もっと軽いタッチだろう(技巧的にはもちろんすごいけれど)と思います。対してディドナートのセミラーミデは重い声でパワフル、完璧な歌は、無条件に心を打ちました。

メゾが男性役を歌うアルサーチェは、ダニエラ・バルチェローナ。彼女はむしろディドナートより声はすこし軽いかなと思うくらいでしたが、といってもメゾなので深くてこれまた完璧な歌。本当に安定していて、男性役の軍服姿が男前!

テノールのLawrence Brownleeは、インドの王子イドレーノの役。脇役でありますが、歌は立派な難しいアリアも連発です。彼は以前やはりロッシーニチェネレントラで聞きましたが、あれから10年余り、ますます素晴らしく危なげのない完璧な歌。

残る重要な役柄として、バスのアッスールはMichele Pertusi。代役で入りましたが立派な歌でした。もともとはダルカンジェロが歌う予定だったのが、病気のため変更。以前聞いてダルカンジェロは良かったし、この役も歌ってきていたようなので、もし変更なしで出ていたら、もっともっと凄いプロダクションになっていたかもしれないなあ。

演出はDavid Alden。オリジナルは古代バビロニアが舞台ですが、現代の中東の独裁者に置き換えている。なかなかインパクトがあります。北朝鮮を思い出させるような大きな絵の風景や、ドナルドトランプを彷彿させるような赤いネクタイの人物などが登場。

f:id:pinacola:20171217065313j:image

思うのですが、ロッシーニの音楽は、音楽としてだけ聴くとちょっとつまらないような気がしてしまいます。モーツアルトのように和音が豊かではなくて、もっと音楽の作りが擬音的というかシンプルだから?

また改めて問うのは、素晴らしい歌手はどういう人たちなのか?今回は全員が本当に完璧に歌いこなして、その意味ではその時点で100点といえます。が、心が震えるような、鳥肌が立つようなことが起こるのには、さらにもう少し何かが必要なようです(今回体験させてもらったような)。声の美しさ、深さといったプラスアルファ、持って生まれた才能でもあり、鍛錬の賜物でもあるのかもしれません。歌手の皆さんに心からの敬意を送ります!

f:id:pinacola:20171217065351j:image

クリスマスの行事

ロンドンに限らず欧州の冬は、日が短く曇りの暗い日々が続く。おそらくクリスマスを巡る伝統と行事は、そんな季節に人々の心を温かく明るく過ごすための知恵でもあるのでしょう。

12月に入ると、ロンドンのシティのオフィス街でも、どこもロビーにクリスマスツリーや、建物や道路にライトアップされたデコレーションで綺麗に飾られます。どれも同じものはなく、とても素敵。

f:id:pinacola:20171219070518j:image

f:id:pinacola:20171219070534j:image

自宅近くでは、先週から今週は、生の木のクリスマスツリーが売られているのが目につきます。結構直前に買って、飾りつけするんだなあ、と思ったり。

聞くとクリスマスは家族、親戚と過ごすと話す人が多く、クリスマスディナーはチキンやターキーのローストが定番なんだそうです。

会社でも、クリスパスパーティとクリスマスランチは、この季節の大事な、皆が楽しみにしている行事。パーティは会社全体で、ブラックタイやドレスで少し着飾って昔ながらの雰囲気のあるギルドの建物で開催でした。クリスマスランチは、各部門ごとに好みのレストランを予約して。とってもお店が混んでいる様子からすると、本当にこのクリスマスランチも行事としてポピュラーで大事なんだなあ、定着しているんだな、と思います。どちらも、皆で集まってたわいもない話をしながら飲んで楽しく過ごす、ゆるりとした雰囲気の会。

f:id:pinacola:20171217064253j:image

f:id:pinacola:20171217064335j:image

f:id:pinacola:20171217064404j:image

12月はそんなことで、結構ごちそうを食べる月なのだなあと実感しています。和食でなく、洋食のbig mealは、美味しいのですが、おなかも胃も少し疲れ気味かも。食事も長時間なので、結構パワーも要ります!

でも最初に戻り、やっぱりこの冬の一番辛い時期を、毎年楽しみにできるいろいろな行事やご馳走、その準備で忙しくしたり、旧交を温めたり家族で過ごしたりして、乗り越えるのは文化と伝統なのですね。これを過ぎると、少しずつ日も長くなっていきますね。

f:id:pinacola:20171217064437j:image

f:id:pinacola:20171217064514j:image

印象派絵画〜ロンドン・ナショナルギャラリー

今日は冷え込みましたが、気持ちの良い晴天。土曜日の朝、ナショナルギャラリーに来ました。

f:id:pinacola:20171126003802j:image

マネ。官僚の息子で生粋のパリジャンの洒落者だったそうです。当時流行りのキャバレーの店の女性を描いた作品。革命から100年足らずのパリの「今」を描こうとした画家。

 f:id:pinacola:20171126003824j:image

モネ。同じモチーフを連作する発想はそれまで西洋絵画になくモネが最初、日本の浮世絵に傾倒、影響を受けたため。新しいモノ好きで、絵の具や、筆触分割法、色の効果を科学的に取り入れたり、機関車や、それでしか行けない当時の海辺のリゾートを描いたり、等、トライしながら、同時に古来の遠近法にこだわるなど、しっかり守っているのだそうです。

f:id:pinacola:20171126004005j:image

f:id:pinacola:20171126004026j:image

f:id:pinacola:20171126004041j:image

f:id:pinacola:20171126004118j:image

f:id:pinacola:20171126004142j:image

f:id:pinacola:20171126004204j:image

ドガ。銀行家の息子で同じく洒落者パリジャン。働く女性、労働者を描いた。ダンサーの軽やかな絵の印象が強いですが、すごく絵が上手いんだそうです。上から見下ろすような構図は西洋絵画では以前なかった手法とのこと。

f:id:pinacola:20171126004229j:image

f:id:pinacola:20171126004247j:image

スーラ。子供の目と心でよーく見ていると色々なことがわかってくる絵。上流階級が住む中洲の対岸の岸にいる労働者階級の少年たち。

f:id:pinacola:20171126004331j:image

先生のお話を聞くにつれ、印象派の画家達は、フランス革命からナポレオンの時代を経て、一足先に産業革命が始まったイギリスに追いつこうとするフランスの変化、変わりゆく様子をそれぞれの方法、視点で映しだそうとしているように思いました。革命からまだ100年足らずで様々なことが急速に変わっていった歴史なのだなあと、強く感じました。

f:id:pinacola:20171126004433j:image

f:id:pinacola:20171126004448j:image

f:id:pinacola:20171126004508j:image

英国ロイヤル・オペラ「ランメルモールのルチア」

ドニゼッティーのオペラ「ルチア」を見てきました。全幕にわたって歌のメロディーもオケの音楽も、大体の歌詞の意味も憶えちゃってるくらい大好きなオペラ。昨年2016年に新演出で見て、椅子から落ちそうなくらいびっくりして半ば呆れたKatie Mitchellの演出が今年もまた!


Lucia di Lammermoor – trailer (The Royal Opera)

主役ルチアを歌ったリゼッテ・オロペサは、これまでライブで見た全てのソプラノの中で、最高のルチアでした。声に透明感あり、コロラチューラの技術も完璧、全て最高音は危なげなく、音量の微妙な強弱も聞き入るほどで、演技も見事。狂乱の場の難しいアリアも本当に素晴らしかった。拍手もブラボーもすごかったです。彼女は2008年頃NYのメトロポリタンオペラの「つばめ」でコケティッシュな召使い役、ワーグナーの指輪「ジークフリート」の森の小鳥を聞いていますが、印象に残っています。当時はもっと軽い声だったのが、深さを増して声量もしっかりして主役級にずいぶん変わってきたと感慨深いです。ずっと聞いていたい歌でした!


Why Lucia di Lammermoor is one of opera's most challenging roles (The Royal Opera)

エドガルド役のテノールIsmael Jordiは細身の優男風で声も素晴らしくナイーブな感じが良かったです。彼も今後注目したい歌手の一人だと思いました。高音が連続してものすごくしんどいと言われる最後の難曲アリア2曲も立派でした。欲をいえば、最後のアリアの高音部は、もう少し芯というか息の太さが、軽く明るい響きと共にあると良かったなあ。

エンリーコのバリトンChristopher Maltmanは、迫力ありとにかく声量がすごい。シャウト系で圧巻ですが、ゆえに音程は少しぶら下がり感もあったかな。演技も良かったです。声の印象としては、トスカのスカルピア等の悪役が合いそう。

このプロダクションはオペラ演出家としては過激なことで知られるKatie Mitchellのもので、賛否が分かれるでしょう。オーソドックスで普通のルチアを見に来た人達には、びっくりなはず。原作では一途な恋を絶たれたルチアは理性を失い、精神的にショック過ぎて気が狂って死んでしまうのですが、この演出では設定は変わり、柔に傷ついて茫然自失になる前に、意志を持つ女性として状況を変えようと行動します。でも最後は発狂するのですがその理由は原作には全くない流産。今年の舞台では変更になり、なくなっていましたが、昨年バージョンでは1幕の私の大好きな主役二人のデュエットで、なんと妊娠の伏線のシーンが本当にリアルに演じられ、びっくり仰天でした。そのようなシーンを演じながら、全く影響されずに立派に歌い切る歌手の二人のテクニックにはものすごく感心しました。

舞台は最初から最後まで2つに区切られ、 あたかも2カ所中継のように、2つの場面が展開します。通常なら、言葉で語られるだけで見えないものが、このデュアル進行の効果でビジュアル化されてくるので、本当なら歌に集中して聞き入るはずのところで、舞台の展開に気がとられちゃったりします。昨年はこれがなんとなく邪道にも思えたのですが、今回は結構面白く楽しめました。慣れたのかな?

f:id:pinacola:20171125231446j:image

もしかすると今までのオペラ経験でナンバーワンの公演だった気がします。改めてこの作品は、難しいベルカント技巧と美しく情緒豊かな旋律と音楽が溶け合った歌を聴かせるオペラだと思いました。今回はルチア中心に、声と歌に重きが置かれた布陣にだったと思われ、だからこそ、斬新で革新的な演出のアクの強い演劇性にも負けず、ちょうど良いバランスで最高のパフォーマンスになっていた気がします!

f:id:pinacola:20171125231620j:image

 f:id:pinacola:20171125231520j:image