プッチーニ歌劇「トゥーランドット」~英国ロイヤル・オペラ

プッチーニの最後の作品で壮大なグランドオペラ、「トゥーランドット」。初めて聴く・見るオペラハウスでのライブ、とても楽しみにしていましたが、心の底からああなんて素晴らしいオペラなんだろう、と感動のひと時でした。

蝶々夫人」は日本が舞台、この「トゥーランドット」は中国が舞台。音楽には東洋の雰囲気が色濃く取り入れられています。トゥーランドット姫は皇帝の娘で、誰もを虜にしてしまうような美しさと威厳を持っている。先祖の姫が、かつて侵略されて受けた恥と死から、世の全ての男性に対して復讐を誓っている。自分は誰のものにもならない、と。一方で、この国の法では、美しいトゥーランドットに求婚し、3つの謎を解いた勇敢な者は結婚できるが、解けなければ命を落とす決まりで(おそろしい首切り役人がいる)、これまで数多くの高貴な王子たちが犠牲となってきた。オペラのあらすじとしては、カラフという若者がトゥーランドットに一目ぼれしてしまい、この謎に挑戦して見事これに勝ち、最後には結ばれるというもの。ここでポイントなのは、カラフは勝って力で勝ち取ることをよしとせず、愛や感情がなく男を嫌っているトゥーランドットに迫って、「好き」「恋愛」の感情を呼び起こして本当にラブラブになる、というところ。

f:id:pinacola:20170717024742j:image

・本当にあらゆる面で、ゴージャスなオペラ。オーケストラは金管が厚く華々しく、リズムも躍動感があり、重厚。舞台は中国の宮殿を舞台に、赤や黄色、緑、ピンクに金銀に白と、鮮やかな衣装と装置で圧巻。登場人物も多く、非常に個性があり、情緒的な部分も多分に表現されている。声の面では、主役のトゥーランドット姫はソプラノ最高峰の難役で、高音もあるし、ドラマチックな深みのある強い声がないと、全くつまらないという、たいへん要求水準が高い役。カラフもしっかりした声のテノールでパワーが必要、華を添える忠実な女奴隷役のリューは可憐で純粋でありながら、歌は深い声でしみじみと聴かせるとても難しくて感動的なアリアがある。あとはコーラスがあるオペラは、迫力があって至福の気持ちになります。いいですねえ。

・一番カーテンコールの拍手が大きかったのは、リュー役のソプラノ、ヒブラ・ゲルマーワでした。彼女のアリアは2曲とも、最高に美しく心でしみじみと感じる素晴らしさでした。これまで生で聞いたソプラノの中でも、一番かもしれません!ネトレプコのようにふくらみのある声ですが、もっと情感が表現されている気がします。もっともっと聞きたい、と思わせてくれました。

トゥーランドット姫役のクリスティーネ・ゲルケも、素晴らしかった。声量も抜群、深みとパワーのある歌は安定していて完璧でした。威厳のある立ち居振る舞いや、男嫌いでカラフを避けるアクションなども高貴なお姫様という雰囲気で、そういった演技をしながら、あれだけ歌えることがすごい。お化粧が、若干歌舞伎役者風(?)でしたが、中国のお姫様なので許せる範囲でした。この役は、難しさの割りに喝采を得られにくいように思います。ドラマチック過ぎて、感情を出さない役どころなので、高い水準のパフォーマンスをしても、ドラマの中としては感動を生み出しにくいんだと思います。

テノールのカラフ役はアレキサンドルス・アントネンコ。良かったです!この役は、ボリュームとパワフルさかなと思いました。有名なアリア「誰も寝てはならぬ」も、危なげなくでした。最後のvinceroはかなり短く切っていたので、少し残念だったかな。ただ、テノールの人に聞くと、この曲はつらいんだそうです。後半で高音が続き持ちこたえたところで、最後の最後で超高音で締めくくるのが、半端ではないそうです。生で聞いて、パヴァロッティでは、この役は声が軽すぎてきっと物足りなかっただろうな、と思ったりしました。

・落ちぶれた盲目の王ティムール(バス)、トゥーランドットに仕える3大臣ピン・ポン・パンも、すごく良かった。脇役まで聴かせるオペラ、こんな幸せなことないです。ピン(バリトン)が結構中心役で、コミカルだったり、ノスタルジーを情感深く歌ったり、細かい早いリズム感のあるメロディーもあって、アンサンブルとして面白く、聞きごたえあり。

f:id:pinacola:20170717024802j:image

f:id:pinacola:20170717024820j:image

あっという間の3時間でした。観客も大拍手で、私もそうでしたが、女性は涙している方々もたくさん。私としては、このオペラのこのロイヤルオペラの舞台は、「人の愛する気持ち」というのがテーマかと思いました。 もちろん、カラフがトゥーランドット姫に愛する気持ちを芽生えさせるエピソードが王道なのですが、他にも、ひそかにカラフに思いを寄せるリューの報われない恋心と、命を差し出し自分がすべてを失ってまでも、カラフを勝たせようとする無垢な犠牲の愛。ティムールが、それまで一緒に旅をしてきたリューを失って、悲しみにくれ、その亡骸を大事に大事に運んでいく姿に感じる愛情、などなど。愛にはいろいろな形があり、どれも大切なもので素晴らしいことなんだと思いました。本当に良いオペラでした~!

最後に、カラフ役はスター歌手たくさんいらっしゃれど、やはりこの方、フランココレッリではないかなと思います。

f:id:pinacola:20170717024936j:image

クリケット観戦 〜 ロンドン Lord's Cricket Ground

今日は人生初のクリケット観戦。St. John's Woodにあるクリケット場は比較的近所でもあり、何度となく通りかかっていて、外見にはなんとなくぱっとしない印象だったのですが、中に入ってみると…日本の野球場のような解放された広々としたフィールドに、イギリスらしい伝統的なパブや緑の木々に囲まれたレストラン、ピクニックできそうなちょっとした芝生の広場など、とっても雰囲気がありました。特にメンバーの特別席があるきれいなスタンド付近は、集う方々もジャケットにネクタイ、女性もドレスアップしていて、優雅な空気が流れていました。結構わくわく感があります。

f:id:pinacola:20170714071843j:image

f:id:pinacola:20170714071911j:image

f:id:pinacola:20170714071935j:image

f:id:pinacola:20170714072020j:image

ロンドンの2つのカウンティの2チーム、Middlesex対Surreyの試合。人気のカードでビッグゲームだったそうです。観客約2万7千人。ここローズ(Lord's)はMiddelesexのホーム。ピンクのユニフォームで、ファンもピンクのパンク風のウィッグ系帽子を応援に被り、盛り上がっていました。

もっと退屈でルールがよくわからず理解不能で、ついていけないかと思っていたら、全然そんなことはなく、見て教えてもらっているとだんだんわかってきて、かなり面白かった!

野球に比べて、打つのも前だけじゃなくて前後左右どこに打っても点につながるから、バットマン(バッター)は引きつけて打ったり、流して打ったり、バントみたいにしたり、長打狙いだったりと、様々。人気のある実力スター選手は、この打撃の幅が広そうです。アウトのパターンもいろいろで、かつあまりアウトにならないので、アウトになる度、皆チームが駆け寄って喜んでいる。アウトはほぼイコール、ファインプレーという感じ。

f:id:pinacola:20170714071637j:image

f:id:pinacola:20170714071615j:image

もっとゆるっとしたスポーツかと思いきや、投球は助走を疾走してかなりスピード出ているし、野手もここという場面では、がっちり掴んでたいへんな速球とコントロールで速攻でボールを送り、さすがプロの仕事… そして今日の試合は、各チーム1イニングで、取った点の多い方が勝ちなのですが、最後の最後で、一発ホームランなら打撃側が勝ち、アウトをあと2つ取れば守り側が勝つ!というかなり面白い展開に。結局制したのはMiddlesex。感覚としては、バスケットボールの終盤の大詰めの数秒で試合がひっくり返る、少しそれと似た感じでした。

全般として、単純じゃなくて、見ていてもじわっと興奮するようなスポーツ。イギリスらしいのでしょうね〜。

f:id:pinacola:20170714072044j:image

素敵なモスクワ(夏)

先週は出張でモスクワへ。約一年ぶりの訪問。来てみて思うのは、これほどイメージと実際が違っている街はないんじゃないかな、ということ。ロシア、モスクワと聞くと、暗くて、古めかしくて、不便で暮らしづらいというステレオタイプがありますが、現実にはとてもいいところで、ほとんど世界の大都市と変わらない感覚です。来年2018年にはサッカーワールドカップも開催、もっときれいに快適になるそうです。

 f:id:pinacola:20170709000924j:image

街の中心部にある、赤の広場。観光の人たちで賑わっていました。ここに隣接して、壮麗な建物のデパート、グム。欧米のブランドから、自然派コスメやエステ、おしゃれな雑貨のお店まで、あらゆるものが揃って、きれいで楽しい。高級食料店では、世界のお菓子を集めたコーナー、ワインやウォッカ、キャビアといくら、様々な野菜や果物、ロシアのクレープいろいろが並び、かなり興奮してしまいます。

 f:id:pinacola:20170708234412j:image

f:id:pinacola:20170708234447j:image

f:id:pinacola:20170708234525j:image

f:id:pinacola:20170708234611j:image

f:id:pinacola:20170708234645j:image

f:id:pinacola:20170708234836j:image

ホテルは、中心部の赤の広場近くにあるMetropol。歴史ある趣あるホテル。部屋の作りは古めかしさはあるけれど、近代的なビジネス使用のホテルとは少し違う、ロシア的なおもてなしを感じました。90年代後半にモスクワに3回ほど出張した時もここでした。朝食のレストラン、以前の宿泊でも素敵だなあと思い出に残っていましたが、全く変わらず。変わったのは、ホテルの方々がとてもフレンドリーでたくさんの笑顔だったこと。

f:id:pinacola:20170708234936j:image

f:id:pinacola:20170708235322j:image

f:id:pinacola:20170708235414j:image

f:id:pinacola:20170708235502j:image

空港への途中で立ち寄った、最近できたショッピングセンターのColumbus。ものすごくゆったりスペースを贅沢に使った、広々とした空間。思い出すのはシンガポールのマリナベイサンズのおしゃれなショッピングセンター。ユニクロZara、他にもセンスのよいディスプレイのお店がでたくさん。最上階には、フードコートがあり、これまた世界のあらゆる料理が食べられます。グルジア料理、中華の手打ちラーメン、手軽なロシアのファストフードでボルシチといくら入りクレープ。便利で楽しい。

f:id:pinacola:20170708235642j:image

f:id:pinacola:20170709000356j:image

f:id:pinacola:20170709000428j:image

f:id:pinacola:20170709000502j:image

出張中、今回は和食とステーキ。クオリティは高くておいしかったし、居心地よく落ち着いていて、おしゃれでした。おいしいごはんをいただき、ホッとします。

f:id:pinacola:20170709000720j:image

f:id:pinacola:20170709000747j:image

このように、食事や買い物など普通の生活をするのには、海外暮らし一般と比べても、特に不自由はないし、安全で暮らしやすいのじゃないかな、と思います。人もフレンドリーで親切。上位下達は特に強くて、依頼されたことを、本当に熱心に最良の方法で対応しようとあらゆる努力をしてくださいます。ドライバーのニコライさんが、時間調整で連れてってくれたちょっとしたカフェ。お勧めのコーヒーもピロシキなどペイストリーもおいしかった。ニコライさんは元警察官で、強くて頼りになり、とてもお世話になりました。

モダンな一面との対比で、空港の出国手続きでは、待っている列が入り乱れたり、本来の決め事通りでなく柔軟さがあったり、欧米のやり方に慣れきっている身には、気疲れする面はあります。ただそれも、一見混沌の中にも整然とした進め方があるようですし、文化の違いなのかもしれませんね。

次回は秋か冬に再来したいと思います!

f:id:pinacola:20170709000832j:image

f:id:pinacola:20170709000900j:image

音楽が戻ってきた

事情があって約2カ月お休みだったボイストレーニングのレッスンを、今日再開しました!日本にいらっしゃる先生と、ロンドンに来てからもFacetimeで続けてきたレッスン。お休みになっていた期間、良い息も、姿勢も、音楽も遠ざかっていましたが、体はちゃんと覚えていてくれました(^。^) 

最初は眠り込んでいたかのような体が、レッスン後半までにだんだん起きて動くようになり、体を使うのでとてもしんどいけれども、連動して動いて正しいことしてくれるのである意味、楽。

歌うとか、声を出すのでなく、表現すること100%。フレーズのかたまりでぶちきれず、つなげる。ずっと喉を開いたまま。すると高音も自然に鳴る。

やっているうちに、お腹が鳴ってきます。体が動く時は、内臓も動くようで、これはいい兆候。改めて声は喉で出すものじゃないんだなあと。

ポップス2曲と、クラッシック2曲、それぞれ数フレーズ。クラッシックは、お休み長かったし、とても無理かなあと思っていたけれど、歌らしくなってました。きれいな整った歌ではないけど、世界に唯一の私という歌。楽しかった🌹

音楽が戻ってきました!息が戻ると、ポップスもオペラも音楽を聴くと、耳だけじゃなくて、体が一緒に聴いて感じて、ああいいなあ、ってしみじみ思えるようになるんだね🌷 

今日は本当に嬉しい日でした🌼🙂

初夏の気持ちいいゴルフ in ロンドン

今日はゴルフコンペにお誘いいただき、一日外で気持ちよく過ごしました。

よく来ているBuckinghamshireゴルフコース。

普段は、自分のプレーで精一杯で全然時間がないのですが、今日は少し余裕があったので、何枚か写真をパチリ。朝は曇りで涼しく、その後、昼になって日が出て爽やかな、穏やかな素晴らしいお天気。

f:id:pinacola:20170702061724j:image

f:id:pinacola:20170702061744j:image

一緒に回った組は、テンポよく元気で明るく、とても楽しかったです。難しい池越えを決めてイーグルの素晴らしいプレーも見せていただきました。

f:id:pinacola:20170702061815j:image

f:id:pinacola:20170702061847j:image

ここしばらくの低迷の原因がわかりました。。。妙な頑張り過ぎで力がたくさん無用に入っていたこと。今日はゆるゆるで、やってみたところ、丁度良かった気がします。らくらく力なしでも、クラブが仕事してくれました!という感じです。

それもこれも、昨日、スペイン合宿の反省会(飲み会)があって、上級者の方を含めてのそこでのゴルフ談義を聞いているうちに、そうかあ、と思ったことが参考になりました。私は初心者ですけれど、いろいろ聞いて話して感じることって、よいですね。ありがとうございます🌻

f:id:pinacola:20170702062324j:image

f:id:pinacola:20170702062634j:image

 

オーガニック・ランチ〜Planet Organic

金曜日のランチ。いつもの定番、会社近くのオーガニック・スーパーPlanet Organicのランチボックスにしました。

f:id:pinacola:20170701024934j:image

ケース内にオーガニック材料を用いたお惣菜やサラダがずらりと並び、ボックスの大きさを決め、好きなものを言うと店員さんが詰めてくれる。かなり気に入っています!ヘルシーで、味も自然な感じでおいしく、お肉のチョイスもあってボリュームも栄養のバランスも良し。

だいたいいつもお馴染みメニューなのですが、チキン、野菜たっぷりラザニア、玄米ごはん、カリフラワーのカレー、ブロッコリーにニンジンのスパイシーサラダ。ニンジンはビネガーの酸っぱい爽やな香りが食欲をそそります。

 f:id:pinacola:20170701025001j:image

詰め方は、いつも思いますが大雑把。味が混ざっちゃうとか、見た目が見苦しいとか、一切気にせずしっかり詰める。ボリューム的にも大満足なのです。

気候も天気も良く、外でゆっくりとランチタイム。お隣のおじさんは、紙のボックスじゃなくて、ホーローの深皿で食べていました。マイディッシュを持参してるのかしら⁈

f:id:pinacola:20170701025047j:image

f:id:pinacola:20170701025109j:image

f:id:pinacola:20170701025140j:image

オーガニック食材店にいると気持ちが落ち着きます。このPlanet Organicにもよく通っています。毎朝のジュースの材料の野菜や果物、パン、石鹸など気に入っています。なんか雰囲気いいですよね〜。生活を豊かに、幸せ気分をくれるお店です。

f:id:pinacola:20170701025205j:image

f:id:pinacola:20170701025222j:image

このあとカカオラテを買って、締めました。ごちそうさま🍒

耳について~突発性難聴

10日くらい前に、突然片耳が詰まったようになり、聞こえなくなってすごくびっくりしました。ネットで見ると、突発性難聴の症状に思え、すぐ治療しなければ聞こえないまま固定する可能性がある!と、慌ててお医者様へ。

ここはロンドン。まずは日系のクリニックへ。テストの結果、右耳聴力の著しい低下。翌日紹介により専門医へ。ここからは英語の世界で対応。先生の指示ですぐにステロイドを飲み始めて、私の場合はこれが効いたのでしょう、着々と回復してきました。今日再テストして、まだ完全には戻っておらず、砂を落とすようなさーっという耳鳴りがかすかに残っていることもあり、薬をさらに6日間継続としました。

ステロイドはお腹に若干影響が出るけど、先生によると、私の回復状況に照らすと、今やめるより続けた方が完治のチャンスを高めるよ、とのこと。来週はモスクワへ出張がありますが、飛行機は耳の圧力などに今問題ないし、大丈夫とのこと。

突発性難聴は、今日もKinki Kids堂本剛くんのニュースがありましたが、周囲を見回しても、こうなって話をしてみると実はかなりたくさんの方が、なっているようです。原因はわからないことが多く、ストレスとか疲れが誘因と言われていますが、特定ができないようです。私の場合は、先生はなんらかのウィルス等じゃないかな、と推測されていました。

当初は、本当に聞こえなくて、かなり不安な気持ちになりました。このままもう一方も聞こえなくなったらどうなるんだろう、とか(いい方の耳も少し低下していたので)。音楽を聞いても、耳の中でうわーんうわーんと反響してしまうし、聞きたくない、となんとなく耳が拒否する感じ。試しに歌を歌ってみると、それも自分の耳と頭に響いてきてしまって、すごい違和感。飲み会で隣の人の声も、おばあさんのように大声で聞き返さないと聞こえない...。

そんな時期を過ぎ、良くなってきてみてホッとするし、何より普段当たり前に機能している耳への感謝の気持ちが湧いてきます。あとは難聴というと、ボリュームとして聞こえない、ということがもちろんメインですが、音楽を楽しむという観点では、元気な耳なら聞こえている、「音の質」の様々な情報も聴き取れなくなってしまっている。歌なら声のテクスチャーの違い、息遣いとか、リズムの微妙な動きとか、表現を生み出している諸々。

振り返ると、ちょっと疲れがたまっていたかな。先日の酷暑も体にはきつかったかも。あとは、栄養、睡眠。。。お風呂に入ってリラックスも良さそう。

耳を大事にしようと思います。

f:id:pinacola:20170629061103j:image

f:id:pinacola:20170629061357j:image